過負荷検知付ギアモーター

過負荷検知付ギアモーター (三相 200V 0.1kW~0.4kW対応)
便利機能搭載
モーターに「過負荷検知機能」を搭載し、モーターを停止させたり過負荷信号を出力することが可能となったモーターと一体型の減速機が登場しました。
主な機能
  • モーター過負荷時の過電流を検知してモーターを停止させます。
    また信号用のリレー接点(a接/b接)もある為、この信号接点にてモーターが停止するように制御(回路遮断)していただくことでもモーターを保護することが可能です。
  • ブレーカやサーマルと違い任意で設定した電流値によってモーター電源を遮断するため、減速機と機械装置を瞬時に保護することが可能です。
  • 検知電流、ロードタイマ、スタートキャンセルタイマの各種設定が可能です。(工場出荷時設定)
    • 検知電流
      モーター過負荷保護時の設定電流値 設定範囲0.1~2.5A〔0.1A単位〕 *誤差±10%
    • ロードタイマ
      検知電流を超えてからモーター電源を遮断するまでの時間 設定範囲0.3~0.8秒〔0.5s単位〕 *誤差±0.5s
      (タイマカウント中に検知電流を下回った場合タイマはリセットされます。)
    • スタートキャンセルタイマ
      モーター起動時の突入電流を無視する時間 設定範囲1.0~8.0秒〔0.5s単位〕 *誤差±0.5S
*注:インバータでの駆動はできません。インバータで駆動させますとインバータの出力から高周波を含んだ電圧が電流リレー
基板に印加されるため、基板の制御電源部が破損します。
基本仕様
項目 仕様
定格電圧200/200/200V
定格周波数50/60/60Hz
検知電流設定0.1A~2.5A ±10% (工場出荷時設定)
ロードタイマ0.3~8.0秒 ±0.5秒
スタートキャンセルタイマ1.0~8.0秒 ±0.5秒
遮断方式モーター電源自己遮断 (U相 V相の2相遮断) 遮断状態を保持
復帰方式電源遮断 (1秒以上) 後、再投入
信号用リレー仕様1C接点 AC250V/1.5A DC30V/2.0A(抵抗負荷) 最小負荷 DC5V/10mA
電源入力用端子台仕様角座金付ネジM4、端子幅8.2mm以下
信号用端子台仕様差込式端子台、適合電線:0.3m㎡~1.25m㎡ (撚線)、被服剥き長さ11mm
仕様環境
項目 仕様
据付場所屋内
周囲温度0~40℃
周囲湿度85% 以下
高度1000m 以下
振動0.5G 以下
雰囲気腐食性ガス・蒸気がなく、塵埃・水がかからない換気の良い場所
動作概要
モーターが起動してスタートキャンセルタイマのカウント終了後、ロードタイマの設定時間以上、モーターの電源が検知電流の設定値を超えた時にモーター電源を遮断します。

各数値設定方法
設定は基本的にタイマは初期値、検知電流は工場出荷設定ですが、以下のように設定することも可能です。
(検知電流の設定値を定格電流以上にすると、ギヤ部を破損する可能性があります。
設定変更によって生じたトラブルに関しましては、保証いたしかねますのでご了承ください)
  • 電流リレー設定初期値 (ボリュームを左いっぱいに廻した状態)

    検知電流:定格電流
    ロードタイマ:0.3±0.5秒
    スタートキャンセルタイマ:1.0±0.5秒

  • 検知電流設定方法

    タイマ設定は初期値とし、検知電流設定ボリュームを右いっぱいに回します。
    モーターを過負荷状態にし、ボリュームをゆっくり左に回していきます。
    電流リレーが動作したらボリュームを廻すのをやめます。
    実際にモーターを通常通りに起動させ、過負荷状態になったときに電流リレーが動作するかどうかご確認ください。

  • スタートキャンセルタイマ設定方法

    ロードタイマは初期化とし、設定ボリュームは右廻しいっぱいで約7秒のため、まず希望の時間に合うように適当にボリュームの位置を想定して合わせます。
    モーターを過負荷状態で起動させ電流リレーが動作するまでの時間をカウントし希望の時間より長ければボリュームを左廻し、短ければ右廻しにして調整してください。

  • ロードタイマ設定方法

    設定ボリュームは右いっぱいで約7秒のため、まず希望の時間に合うように適当にボリュームの位置を想定して合わせます。
    モーターを通常通り起動させ、スタートキャンセルタイマの時間経過後、過負荷状態にして電流リレーが動作するまでの時間をカウントします。
    希望の時間より長ければボリュームを左廻し、短ければ右廻しにして調整してください。

外観図
信号出力接点結線例
  • 結線例の動作について

    PB1を押すとMCがONしてMのモーターが回転します。
    過負荷状態になり、過負荷検知基板内のリレーが動作するとMCがOFFしモーターが停止します。

  • PB1:始動ボタン
  • PB2:停止ボタン
  • MC:電磁開閉器接点
  • M :電流リレー付, 減速機モーター